私たちについて

NPO法人田舎のヒロインズの前身である「田舎のヒロインわくわくネットワーク」は、1994年3月にゆるやかなネットワークとして結成されました。農を営む女性たちが中心となって結成を呼びかけ、現在は農を応援してくれる方々、学生、男性へその輪を広げ、全国に約160人の会員がいらっしゃいます。

2014年3月より団体名・体制を刷新し、役員を40歳以下の現役若手女性農家にしました。農を営む女性が、自ら考え、行動し、社会に訴えかけていくという意識を受け継いで、再スタートを切った「田舎のヒロインズ」。「日本の田舎をつなぐ」をモットーに、田舎のあり方、農を営む女性の生き方を模索し、提案・提言していくための活動をしていきます。私たちの取り組む活動テーマは次の3つです。

活動目的

農家女性の「発信力」アップ

田舎の価値や魅力を自覚し、積極的にアピールする術を身につける

農村の「受信力」アップ

無理のないおもてなしで都市と農村の相互理解を深めるための活動

豊かな農村を次世代へつないでいくための「アクション」

最初の活動としては農村で再生可能なエネルギーを増やすための活動

代表メッセージ

農家が食べ物だけでなく、時世代や風景、エネルギーを作り出す社会を目指す

私が就農前に留学していたドイツでは、農村にある再生可能な資源(太陽光、風力、バイオマスなど)で、電気や熱をつくり、エネルギーの自給をしている村までありました。なんでもかんでもドイツが良いというわけではありませんが、農家や農村の価値や存在が広く、そして高く評価されていることについてはうらやましいなと思いました。
いろいろな社会問題が浮き彫りになっている日本で、もしこの国から農家がいなくなったら?農村が荒れ果ててしまったら?と考えると、その先は戦争であったり、国民全員のリスクであったりするわけです。田舎に住む私たち自身が自分たちの持つ大きな役割に気づき、それを自分の言葉で伝え、さらに価値を上げるための具体的な行動を起こしていきたい。そんな思いで私たちはアクションを起こせる団体に成長するための一歩を踏み出したのです。都市には都市の役目があると同時に、今こそ田舎には田舎の役目がある。そこに住む女性たちを中心に、より多くの方と共感し、協働できる組織をめざしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

理事長 大津愛梨




プロフィール/大津愛梨(O2ファーム・熊本県南阿蘇村)

農業(無農薬米の栽培、あか牛の放牧)を営む傍ら、NPO法人九州バイオマスフォーラムにてバイオマスの普及啓発、実践に取り組む。その他、都市と農村交流をテーマに、日本全国から若者や農業関係者等の受け入れや、地域の農業振興・活性化・文化伝承にかかわる様々なイベント・事業に取り組んでいる。阿蘇の世界農業遺産認定における民間の活動家の一人であり、世界農業遺産認定にかかわる各種プレゼンテーションに携わった。『日経ウーマン』「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」、『オーライニッポン』「ライフスタイル賞」を受賞。4児の母。

団体概要

団体名 NPO法人 田舎のヒロインズ
設立 2003年1月17日
所在地 熊本県阿蘇郡南阿蘇村両併1282
役員
理事長 大津 愛梨(O2ファーム・熊本県南阿蘇村)
副理事長  高橋 菜穂子(山形ガールズ農場・山形県村山市)
丹羽 なほ子(丹羽農園・岐阜県海津市)
理事 稲澤 恵里奈(なばたけ農場・福井県坂井市)
谷 江美(イナゾーファーム・北海道士別市)
藤原 美里(藤原農園・熊本県南阿蘇村)
松本 幸子(いわきおてんとSUN・福島県いわき市)
吉村 みゆき(フィールドワークス・福井県あわら市)
監事 小林 優子(小林農園・埼玉県)
田中 泉(のろまん農場・長野県)
目的 この法人は、人々に対して、農のあり方と、食の安全についての調査、研究、および普及に関する事業を行ない、次代の子供達の健全な育成につながる環境の保全に寄与することを目的とする。
活動分野 社会教育、環境の保全、子供の健全教育、連絡・助言・援助
活動内容 農村に暮らす主に女性たちの受信力と発信力の向上を目指すため、2年に1度の全国集会や、農業研修の受入、情報誌のコラム執筆、各種人材育成プログラム等、情報交換・発信に取り組んでいる。
平成27年度は女性農業者向けのオンライン講座やセミナー及びワークショップ、視察ツアー、イベント、情報発信等を実施予定。
事業紹介 1.スキルアップ事業/オンライン講座
2.ネットワーキング事業/全国集会
3.情報発信事業/ヒロイン通信、ファッションショー
4.都市農村交流事業/都市農村交流
会員数 平成26年度 会員164名
財政規模 平成26年度予算 2,754,903円
平成27年度予算 6,560,707円
問い合せ先 NPO法人田舎のヒロインズ 事務局
〒869-1501 熊本県阿蘇郡南阿蘇村両併1282
Mail:info@inakano-heroine.jp
TEL:080-8478-4148
FAX:096-300-3277

メンバー紹介

副理事長 高橋菜穂子
山形ガールズ農場山形県村山市


大学卒業後、農家である山形の実家に戻り、5年間父のもとで修行。
平成19年に国立ファームと出会い、実家の農業と全国農業青年会議(4Hクラブ)の理事と国立ファームのバイヤーとしての仕事を両立させ、川上から川下の全てを経験。
農業を憧れられる職業にすべく、平成21年山形ガールズ農場を設立。


副理事長 丹羽なほ子
丹羽農園・岐阜県海津市


大学在学中からモデルとして活動。
大学卒業後に精神保健学を学びセルフケアについて追求していく。
7年前にトライアスロンを始め、トレーニングを続けるうちに食事×運動にこだわりローフードマイスター講師の資格を取得。新鮮で美味しい食べ物を求めて畑にたどり着き、両親が農園を営む岐阜に2012年夏に拠点を移し、野菜作りと無添加ジャム作り、練習にも励む。
その結果、トライアスロンでは2013年から3年連続でIRONMAN 70.3 世界選手権出場を果たす。


理事 稲澤恵里奈
なばたけ農場・福井県坂井市


米農家、助産師。助産師を目指す学生時代に妊娠から育児と赤ん坊を育てるのは母の食べた物という事に気付き、食に興味を持つ。
学生時代に入会した田舎のヒロインを通しての農家めぐりは貴重な体験。
有機農業をする夫と出会い、千葉より福井へ。
米・大豆・麦製品は主に産直で販売。5児の母。
農村の生活のゆたかさを伝えるため、また子ども達には農村には都会にない魅力があり人々がやってくる事を伝えるため受け入れも積極的に行う。


理事 谷江美
イナゾーファーム・北海道士別市


東京で生まれ育つ。
早稲田大学在学中の2005年、田舎のヒロイン全国集会に参加し農業への興味を深める。(株)星野リゾートで全国の現場経験と広報広告業務を経た後、北海道北部の士別市で農業を営む夫と結婚。一部を有機の圃場としJAS認証を受け、主にフルーツミディトマトを生産する。農場内に加工所を設けトマトジュースの製造を行うなど、生産から加工、販売までを一貫して担う。現在3児の母。


理事 藤原美里
藤原農園・熊本県南阿蘇村


アスパラ農家。
こども達の環境教育・自然教育の仕事に従事し、現在の夫と出会い、
南阿蘇村に移住。JA阿蘇女性部南阿蘇支部のフレッシュミズを通じて、
様々な加工品や、南阿蘇の農業・景観を守る活動を積極的に行っている。
3児の母。


理事 松本幸子
いわきおてんとSUN・福島県いわき市


先祖代々福島県浪江町で農林業を営む。
大学進学を機に上京。証券会社に4年間勤め、大阪・東京で暮らす。2013年4月から日本農業経営大学校に入学し、農業と地域経済の振興などについて学ぶ。卒業後、福島県いわき市でいわきおてんとSUN企業組合に入社し、オーガニックコットンの生産・販売や農業体験事業を担当する。


理事 吉村みゆき
フィールドワークス・福井県あわら市


実家は岐阜でしいたけの専業農家をしており、母が田舎のヒロインとして活動していたことから、田舎のヒロインと出会う。
短大で栄養学を学んだ後、スイスへ1年間農業研修へ。
そこで、農家の果たす役割が、食物を生産するだけではなく、観光資源や環境保全という産業として国民が理解し、多くの補助金が支払われ農村が維持されている事を知る。その美しい景観と、昔ながらの手間暇をかけた丁寧な暮らしの中にある豊かさに、農村の持つ大きな魅力を感じ、こんな暮らし方をしていきたい!と思うようになり、農家の跡取りの夫と出会い、福井へ移住。さつま芋やかぼちゃの生産、加工、販売を行う。現在は4児の母。


田舎のヒロインズ 会員募集
まずはお気軽に! お待ちしています

番号変更中
(平日 9:00 - 20:00)

〒869-1501
熊本県阿蘇郡南阿蘇村両併1282

お問い合わせフォーム
田舎のヒロインズfacebook

PAGETOP

田舎のヒロインズ


Copyright © HEROINES OF THE COUNTRY 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成により製作